TOP

自分の風俗体験談を集めてきましたが、そろそろ皆さんに情報共有しよかと思っています。少しずつではありますが参考にしていただければ幸いです。

友達の奢りでピンサロへ行きました

この間、ずっと好きだった女の子に告白しました。しかし、断られておしまいでした。かなり良い雰囲気だったので、脈があるかと思っていたのですが、俺の勘違いだったみたいです。それで、かなり落ち込んでしまって、友達の誘いもずっと断ってました。そしたら、友達が俺のことを心配してくれて、気分を変えたらどうだといって風俗に連れて行ってくれました。しかも、友達の奢りです。行った先は、Jというピンサロで、綺麗系の女の子が多い店でした。多分、俺が綺麗系の女の子が好きだから、そういう店を選んでくれたんだと思います。サービスの方は、俺が考えていたよりもすごいもので、めちゃくちゃ気持ちが良かったです。こんなにすごいテクニックを持っている女の子がいるんだって、感動しました。ピンサロは初めてだったんですけど、こんなに綺麗な子がサービスしてくれて、気持ち良くなれるんだったら、自分で金を払ってもいいなと思いました。それで、先週は自分でピンサロに行って、金を使ってきました。


休憩時間は2時間

ホテルヘルスはホテトルと同じものとお思いの方もいらっしゃるようですが、別物ですのでご注意下さい。管理売春の疑いが強いホテトルは、風営法により禁止されています。本日自分が行ってきたのは勿論、略してホテヘルのホテルヘルスの方です。お店が入ってるという雑居ビルをようやく見つけ、2Fまで階段で上がります。建物自体が古く、店舗もそれに合わせたクラシックなものなんですが、見せてもらった女の子の写真は、どれも今時のおしゃれで可愛い子ばかり。僕の好みに一番近いあやのちゃんを選び、ラブホテルへ向かいます。こちらはお店からすぐの場所で、簡単に分かりました。休憩時間は2時間ですが、僕のプレイコースは60分。部屋備え付けのHな映像で気分を盛り上げます。30分ほどしてから、インターホンの音。ショートヘアーのあやのちゃんです。エロ映像で、すでに気分が出来上がっている僕は、すぐにでも襲いかかりたい気持ちを抑え、紳士的な態度を装いながらお出迎えします。


新宿の高級デリヘル店で務めていると時々面接で苦労する

新宿の高級デリヘル店で働いてちょうど2年が経ちます。最初は雑務や女の子の派遣でドライバーをしていたのですが、仕事にも慣れてきて色んなことを任されるようになってから面接も任されるようになりました。当初面接できることを嬉しく思っていたのですが、経験を重ねていくうちにだんだんと億劫になってきたのは最近の事でした。私が勤めているのは新宿の高級デリヘル店です。新宿の風俗と聞くと何処か清楚で凛とした女性をイメージしますよね。更には高級が付いてくるのでそのイメージの女性の中でもハイレベルな女の子しか働けないわけです。言いたい事は分かって頂けると思うんですが、微妙な女の子が面接に来茶った時は辛くて仕方がありません。何故なら店舗の方針で、微妙と思った子は落とすシステムになっているからです。もう、失礼極まりないですよね。「微妙だから不採用」っていう訳にもいかないし、やんわり言っても理解してくれないし、非常に困ってるんですよね。面接を始めた当初はヤル気に満ち溢れていたんですが、今では実際に会った時の雰囲気とルックスを重視してますので写メ等で一次面接を通っていても会うと全然違ったりしまうので本当に怖いです。中には一次面接が通ったから採用でしょ?みたいな感じでくる女の子もいるんですが、そういう子って何でか皆微妙なんですよ。僕の場合は顔が微妙でも雰囲気が美人だったり可愛い感じがすれば採用してしまうんですが、雰囲気や性格まで微妙だともう採用するつもりは無いですからね。そういった子たちにはっきり伝える様にしていたんですが問題発生。訴えるぞ!と言われるまで話が発展してしまい、一度胆を冷やした時があります。そう言った経験をしたが為にかなり消極的と言うか写メを送ってもらった時点で厳しく審査せざるを得なくなってしまったんです。最初からそういった事をしていれば問題なかったんですが(笑)本当に可愛い子やきれいな方が来た時はあからさまに態度が違うのは自分でも分かります。質問もかなりしてしまいますし、何より話をしていて楽しいんです。ちょっとしたキャバクラみたいな。お酒は飲めないですが(笑)採用できない子が来た時は対して質問をしないですし、出来るだけ早く終わらせようとするので本当に申し訳なくなります。今日もこれから面接なので、微妙と思えない女の子が来ることを祈りながら面接に臨みたいと思います。
AV女優と会える!遊べる!高級デリヘル店情報『極嬢-GOKUJOU-』
高級デリヘルナビで情報検索